応援メッセージはLINEから!プレゼントあり✨

〜夫婦の新時代スタイルはこれだ〜8888〜

子どもは親の心を見て育つ

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
交際期間0日なクレイジー夫婦!2019年は子供も生まれて3人で仲良くやってます!薬膳インストラクターの健太と料理が得意な優子でオンライン薬膳講座を実施中!

『子どもは親の背中を見て育つ』

とよく言われるけれど。

 

それよりも、

大事なこと。 

 

子どもは、

無意識で、

常に、親の、心を、見ている。

しっかりと。

 

親が、自分に、嘘ついていたり、

どこかで我慢してやっていたり、

頑張りすぎてしまっていたり

言いたいことや本音を伝えていなかったり、

そんなことを、続けていると、

子どもは、

何かしらの、メッセージ、サインを送ってくる。

それは、子どもが、風邪をひく、病気になる、かもしれないし、

親が出せない感情を、

大声で泣いたり、癇癪というかたちで、

かわりに、表に出してくれていたり。

 

一番良くないなと、思うことがある。

それは、

親が、無理に、がんばって、笑っていること。

子どもの前では、しっかりしないといけない!

子どもの前では、辛い顔、見せれない!

そうやって、

自分の感情を、無視していると、

だんだんと、感覚が麻痺してきて、

どんどん、本当の自分が、消えていく。

『子どものため』

『家族のため』

『会社のため』

そうやって、自分を置き去りにしているところ。

となりで、いつも、ずっと、見ているよ。

イライラしてるとき、

怒って、いたとき

どんな顔、していたのかな

あなたはずっと、一番そばで、見ていたね。

 

父親が、

嫌だなぁと思いながら、会社に行っていること、

母親が、

辛いなぁ寂しいなぁ、労って、ほしいなぁ

お互い毎日必死に、生活、仕事、家事、育児をしている。

そんな背中を、見ている、いつも。

がんばって仕事をしている背中を、

一生懸命ご飯を作っている背中を、

しっかりと、見ている。

だけど、それよりも、

お父さん、

お母さん、

が、どんな【気持ち】で、いるのか

そんなんとっくに、

見抜いているよ。

 

それが、

子ども。

 

私は、一番大切だった、息子達、家族と、

離れることになり、

そのことに、

ようやく、

気付いた。

私は子ども達から

『別れ』

という、

最大級のサインと、

現実

それだけが、残った。

 

だから、もう、

嘘は、つきたくないんだ。

自分にも、誰にでも。

 

たとえ自分が、選んだ道が、

世間的には間違ってると、思われても、

側からみたら、

頭、おかしいんじゃない⁈

と、笑われても。

子ども、かわいそうじゃない?

と、批判されても。

どれだけ、どんなことを、言われたとしても、

自分の声に、

嘘は、つきたくないんだ。

 

だって周りにどんなに見えようとも、

中身を一番知っているのは、

なによりも、自分自身だし、

ここまで、どれだけの思いで、生きてきたかなんて、

きっとどれだけ語ったって、

一番知っているのは、自分。

自分だけだから。

 

子どもは、誰もが、

親に、幸せになってほしい。

自分を、生きてほしい。

自分に、嘘つかないで、

生きてほしいって、

全身全霊で、

見えない、愛を、送って、

いつも、

となりで、

見ている。

あなたの、

背中と一緒に、

心も、

しっかりと。

お父さん

お母さん

の、心から笑っている、

そんな笑顔が、一番の、子どもの栄養。

本当に、そう思う。

どんな素晴らしい育児法や食事よりも。

もう子育てなんてしないって思っていた。

私には、育てる資格なんかない。

私には、やっぱり向いていない。

やっぱり私は、産むだけの母親。

何度も何度も何度も自分を責めていた。

子ども以上に、

感情を剥き出しにし、

物にあたり、

大声を出して、泣いた。

そんな姿を、

ずっといつも、となりで、見ている。

けんちゃんと、多奈さん。

これが本当の、私なんだ。

夜中に何度も起きてしんどいとき、

体調が悪い中、授乳していて、

もう正常な判断ができないとき、

そんな感情を撒き散らして、

また、自分を責めて

 

だけど、

次の日は、

いつも新鮮な、

笑顔で、迎えてくれる。

こんな私も、どんな私も、

まるごと、愛してくれて、

ゆるしてくれて、

見守って、

くれている。

今日で、10ヶ月になった娘。

 

最近は、初めての靴を履いて、

毎朝、けんちゃんと、お散歩に行っている。

その時、撮ってくれた、写真

 

 

 

誰かにとっての当たり前が、

誰かにとっては当たり前とは、限らない。

 

自分が、大切にしたいことは、何?

 

それがどんなものであろうとも、

どれを、選んでも、

本当に自分が心からのものであれば、

じっくりきているならば、

それが、正解。

言いたい人には言わせておけばいい。

☺️

だって、子どもにとっては、

お母さんが、心から、笑って、

自分の人生を、幸せに、生きていることが、

一番だから。

 

娘でもある私が、

父、母に対して、

そう思うように。

 

子どもからのサインは、

親への、プレゼント🎁

 

 

優子

この記事がおもしろかったら
いいね ! しよう

定期的なお知らせを受け取りたい方は、以下のボタンからLINE@登録よろしくお願いします!
友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
交際期間0日なクレイジー夫婦!2019年は子供も生まれて3人で仲良くやってます!薬膳インストラクターの健太と料理が得意な優子でオンライン薬膳講座を実施中!

コメントを残す

Copyright© 全力夫婦のさらけ出し交換日記 , 2019 All Rights Reserved.